インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  山岸凉子展 「光 -てらす-」 ―メタモルフォーゼの世界―

山岸凉子展 「光 -てらす-」 ―メタモルフォーゼの世界―

■ファン待望、初の大規模展
【会期終了】 「アラベスク」や「日出処の天子」などの大ヒット作で知られる漫画家・山岸凉子(1947-)さん。デビューから最新作までの画業をたどる初めての本格的な展覧会が、弥生美術館で開催中です。
バレエ、神話、歴史、ホラー、エッセイなど、幅広い分野の作品でファンを魅了する山岸凉子さん。最初にご紹介するのは、一世を風靡した「日出処の天子」です。

主人公の厩戸王子(後の聖徳太子)は妖艶な美少年で、蘇我毛人(蝦夷)を慕う同性愛者という衝撃的な設定。連載が始まった1980年は聖徳太子は「1万円札の人」であり、少女漫画の世界観とは真逆といえる存在でしたが、繊細な描写は物語にリアリティを持たせ、熱狂的な支持を受けました。

1984年まで連載され、第7回講談社漫画賞少女部門を受賞。連載中は「熱量みたいなものが落ちて」きたそうで、ご自身も“のって”描いた作品と言います。


「日出処の天子」

山岸さんの名を世に知らしめたのが、1971年に発表されたバレエ漫画の「アラベスク」です。

「主人公のトゥシューズに画鋲が入れられる」などが定番のバレエ漫画は、すでに時代遅れ。編集部も難色を示し「3話で終わらせるなら」と言われて始まりました。

自身も幼少の頃からバレエを習っていた山岸さんは、バレエを厳しく追及する姿を、正確な身体描写で表現。読者の人気投票で1位となり、3話で終了どころか「できるだけ長くのばして」と編集に懇願されました。


「アラベスク」

会場2階では、デビューから近作まで約50年の歩みが一気に紹介されています。

北海道で生まれ育った山岸さん。同学年の里中満智子さんが16歳でデビューした事に衝撃を受けて漫画の道へ進む事を決意します。出版社に作品を持ち込み、1971年に「レフトアンドライト」でデビュー。まだ21歳でしたが、当時は10代でデビューする少女漫画家が多く、非常に焦っていたと言います。

デビュー当初は作風も大分違いますが、これは「丸い顔の絵」でないと受け入れられない事が分かっていたため。もちろん表現力も向上していますが、キャラクター描写については「絵が変わった」のではなく、「本来の絵に戻った」という方が正確かもしれません。


デビューから『ASUKA』での仕事まで

47歳でバレエを再開した山岸さんは、2000年から再び長編のバレエ漫画「テレプシコーラ -舞姫-」を連載。ローザンヌ国際バレエコンクールを何度も取材するなど丹念に世界観を作り上げ、2007年に第11回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞しています。

2000年代には「ヴィリ」「言霊」「ケサラン・パサラン」などを執筆し、2015年からは『モーニング』で「レベレーション(啓示)」の連載を開始。山岸さんの作品で女性が主人公の場合は、比較的弱いタイプが多い中、本作の主人公は強い女性の代表格ともいえるジャンヌ・ダルク。今後の展開も注目されます。


2000年代の作品

若い頃は“原稿料はすべて資料に注ぎ込む”と決めていた、という山岸さん。洋書の画集を買い求めては熱心に研究しており、ビアズリー、ミュシャから琳派まで、先人の絵画から想を得た作品も見事です。

展覧会にあわせて初の本格的な画集も刊行されており、こちらは会場でも販売されています。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年10月3日 ]

※会期中展示替えがあります
 前期:9月30日(金)~10月30日(日)
 中期:11月1日(火)~11月27日(日)
 後期:11月29日(火)~12月25日(日)

※前期と後期の展示作品は同じです。
※全体の構成はほぼ変わらず、展示される原画が入れ替わります。

山岸凉子画集:光山岸凉子画集:光

山岸凉子 (著)

河出書房新社
¥ 3,240


■山岸凉子展 に関するツイート


 
会場弥生美術館
開催期間2016年9月30日(金)~12月15日(木)
所在地 東京都文京区弥生2-4-3
TEL : 03-3812-0012
HP : http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
展覧会詳細へ 山岸凉子展 「光 -てらす-」 ―メタモルフォーゼの世界― 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社