インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実

マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実

■ヴェルサイユ宮殿の監修で、激動の生涯を総覧
【会期終了】 オーストリアからフランスに嫁ぎ、革命の波にのまれて断頭台の露と消えたマリー・アントワネット(1755-1793)。激動の生涯は、日本でも漫画や演劇でもお馴染みです。マリー・アントワネットが暮らしたヴェルサイユ宮殿が企画・監修した大規模な展覧会が、森アーツセンターギャラリーで開催中です。
ハプスブルク=ロレーヌ家の皇帝フランツ1世と大公マリア・テレジアの15番目の子として生まれたマリー・アントワネット。嫁ぎ先として選ばれたのは、フランス国王ルイ15世の孫ルイ・オーギュスト、後のルイ16世(1754-1793)です。

魅力的ではあったものの真面目ではなかったマリー・アントワネットに対し、マリア・テレジアはフランス人俳優や神父を使って徹底的に教育。フランス語や文学はもちろん音楽、詩、舞踏、素描まで教え込まれました。


会場は年代順、最初はオーストリア時代です

ふたりは1770年に結婚。美しいマリー・アントワネットは宮廷で評判になりましたが、不真面目な態度は相変わらずでした。

ルイ15世の死去にともない、ルイ16世は20歳で即位。マリー・アントワネットは19歳でした。ルイ16世の王位継承から4年後に女児が誕生、その3年後についに男児を出産した事で、マリー・アントワネットの地位は磐石なものとなっていきます。

流行の服とアクセサリーを見事に着こなしたマリー・アントワネット。上流階級のファッションリーダーとしてもてはやされる一方で、庶民は反発を強めていきます。


美しく着飾った肖像などが並びます

展覧会の注目のひとつが、空間展示。マリー・アントワネットのプライベート空間である、ヴェルサイユ宮殿の「プチ・アパルトマン」が、壁の装飾なども含めて原寸大で忠実に再現されました。

プチ・アパルトマンは長女を出産したマリー・アントワネットが子供部屋の近くに設けた浴室・図書室・居室の3室で、当時使われていたベッド、椅子、同時代の浴槽などを設置。図書室は残っていないため、かつての設計図などをもとにクリエイティブカンパニーNAKEDがバーチャルリアリティで再現しました。


原寸大の空間展示

マリー・アントワネットがこよなく愛したのが、私的な邸宅であるプチ・トリアノン。夫から与えられたこの離宮で、古い宮廷のしきたりに囚われることなく、マリー・アントワネットは独自の決まりごとを設けて、大胆なファッションを満喫しました。

数人の忠実な友人のために舞踏会やバレエを催すなど、浪費を重ねたマリー・アントワネット。そしていよいよ、悲劇が彼女を襲うのです。


「王妃の私的な離宮:トリアノン」

王家の名を語った詐欺である、首飾り事件。この事件とマリー・アントワネットは無関係でしたが「浪費家の王妃」というイメージは決定的なものとなります。

革命が勃発、逃亡に失敗したルイ16世一家はヴァレンヌで捕らえられ、タンプル塔に幽閉。革命裁判を経て1793年1月にルイ16世が、10月にマリー・アントワネットは処刑されました。会場には処刑台に上った時にマリー・アントワネットが履いていたとされる靴も展示されています。


首飾り事件から処刑まで

実在の人物ながら、物語のような運命をたどったマリー・アントワネット。王妃が愛用した食器や漆器なども展示されていますので、その人となりを思い浮かべながらお楽しみいただけると思います。巡回はなく、東京だけでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年10月24日 ]



■マリー・アントワネット展 に関するツイート


 
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2016年10月25日(火)~2017年2月26日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.ntv.co.jp/marie/
展覧会詳細へ マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社