インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

■平面なのに立体、驚異のオリジナル技法
【会期終了】 枡、茶碗、ケロリンの洗面器と、さまざまな器の中で泳ぐ金魚たち。立体的な金魚のオブジェを封入した作品のように見えますが、なんとこれらは絵画です。驚きの手法を生み出した若手現代美術家、深堀隆介(1973-)さんの本格的な個展が、平塚市美術館で開催中です。
器に樹脂を流し、その表面にアクリル絵具で金魚を描写。固まったらその上から樹脂を重ね、また描き…。深堀隆介さんによる金魚は、信じられないプロセスで制作されています。

理屈としてはレイヤーを重ねた絵画なので、斜めから見ると立体感が失われるはずですが、なぜかどこから見ても立体的。見事なテクニックで、圧倒的な存在感を生み出しています。

深堀さんは愛知県生まれ。美術家としての活動に息詰まっていた時に、自室で七年間放置しながらも生き続けていた金魚に目がとまり、金魚をモチーフにした制作を始めました。

樹脂に直接描き出したのは2002年からです。愛知県立芸術大学ではメディアデザイン専攻と、洋画や日本画のようなバックボーンを持たなかった深堀さん。オリジナル技法を求めた結果、この手法に到達しました。一連の作品は注目を集め、現在では国内外で高く評価されています。

平塚市美術館では2016年の企画展で深堀さんの作品を紹介した縁もあり、本展が企画されました。深堀さんにとっても、公立美術館での大規模展は今回が初めてとなります。



会場では学生時代の作品から最新作まで、約200点を展示。会場冒頭には、新旧の「金魚酒(枡に入った金魚の作品)」が並べて展示されており、創作の変遷も楽しむ事ができます。

ひと部屋丸々使った《平成 しんちう屋》は、会場の最後。しんちう(真鍮)屋は、江戸時代に不忍池にあった日本で最初の金魚店で、美しい金魚を追い求めている作家の姿と重ね合わせています(このコーナーのみ撮影可能です)。

見過ごしてしまいそうですが、金魚が描かれている器も特徴的です。「深堀が使用していたニトリの磁器の小鉢」と「人間国宝・中川清司氏の木桶」、「ブリキの金魚の皿」と「発掘されたササン朝ペルシャ時代の陶器」が並んでいるなど、なかなかユーモラス。一方で、東日本大震災の被災者が使っていた上履きや筆洗いバケツに描いた作品もありました。

都心近くとは言い難い美術館ですが、感度が高い人なら見過ごすわけにはいかない展覧会です。夏休みなので子ども連れでも楽しめるように、展示ケースの前には踏み台も用意されていました。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月9日 ]

深堀隆介作品集 平成しんちう屋深堀隆介作品集 平成しんちう屋

深堀隆介(著)

求龍堂
¥ 2,916

 
会場平塚市美術館
開催期間2018年7月7日(土)~9月2日(日)
所在地 神奈川県平塚市西八幡1-3-3
TEL : 0463-35-2111
HP : http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
展覧会詳細へ 金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社