インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

■平面なのに立体、驚異のオリジナル技法
【会期終了】 枡、茶碗、ケロリンの洗面器と、さまざまな器の中で泳ぐ金魚たち。立体的な金魚のオブジェを封入した作品のように見えますが、なんとこれらは絵画です。驚きの手法を生み出した若手現代美術家、深堀隆介(1973-)さんの本格的な個展が、平塚市美術館で開催中です。
器に樹脂を流し、その表面にアクリル絵具で金魚を描写。固まったらその上から樹脂を重ね、また描き…。深堀隆介さんによる金魚は、信じられないプロセスで制作されています。

理屈としてはレイヤーを重ねた絵画なので、斜めから見ると立体感が失われるはずですが、なぜかどこから見ても立体的。見事なテクニックで、圧倒的な存在感を生み出しています。

深堀さんは愛知県生まれ。美術家としての活動に息詰まっていた時に、自室で七年間放置しながらも生き続けていた金魚に目がとまり、金魚をモチーフにした制作を始めました。

樹脂に直接描き出したのは2002年からです。愛知県立芸術大学ではメディアデザイン専攻と、洋画や日本画のようなバックボーンを持たなかった深堀さん。オリジナル技法を求めた結果、この手法に到達しました。一連の作品は注目を集め、現在では国内外で高く評価されています。

平塚市美術館では2016年の企画展で深堀さんの作品を紹介した縁もあり、本展が企画されました。深堀さんにとっても、公立美術館での大規模展は今回が初めてとなります。



会場では学生時代の作品から最新作まで、約200点を展示。会場冒頭には、新旧の「金魚酒(枡に入った金魚の作品)」が並べて展示されており、創作の変遷も楽しむ事ができます。

ひと部屋丸々使った《平成 しんちう屋》は、会場の最後。しんちう(真鍮)屋は、江戸時代に不忍池にあった日本で最初の金魚店で、美しい金魚を追い求めている作家の姿と重ね合わせています(このコーナーのみ撮影可能です)。

見過ごしてしまいそうですが、金魚が描かれている器も特徴的です。「深堀が使用していたニトリの磁器の小鉢」と「人間国宝・中川清司氏の木桶」、「ブリキの金魚の皿」と「発掘されたササン朝ペルシャ時代の陶器」が並んでいるなど、なかなかユーモラス。一方で、東日本大震災の被災者が使っていた上履きや筆洗いバケツに描いた作品もありました。

都心近くとは言い難い美術館ですが、感度が高い人なら見過ごすわけにはいかない展覧会です。夏休みなので子ども連れでも楽しめるように、展示ケースの前には踏み台も用意されていました。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月9日 ]

深堀隆介作品集 平成しんちう屋深堀隆介作品集 平成しんちう屋

深堀隆介(著)

求龍堂
¥ 2,916

 
会場平塚市美術館
開催期間2018年7月7日(土)~9月2日(日)
所在地 神奈川県平塚市西八幡1-3-3
TEL : 0463-35-2111
HP : http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
展覧会詳細へ 金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社