インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの

イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの

■異文化への敬意
【会期終了】 米国の彫刻家・イサム・ノグチ(1904-1988)と、日本の画家・長谷川三郎(1906-1957)。占領下の東京で出会ったふたりは固い友情で結ばれ、それぞれが刺激を受けあって創作に挑んでいきました。ふたりの交友に焦点を当てた展覧会が、横浜美術館で開催中です。
彫刻家としてだけでなく公園設計や舞台美術などでも活躍したイサム・ノグチと、日本における抽象絵画の先駆者・長谷川三郎。イサム・ノグチの展覧会は何度も開催されていますが、ふたりの関係を主軸にした展覧会は初めての試みです。

長谷川三郎は1906年、山口県生まれ。小出楢重に油彩を学び、東京帝国大学では美術史を専攻。1936年から抽象的作品を描きはじめ、「自由美術家協会」の創立に関与。日本の前衛美術を牽引した一人です。

一方のイサム・ノグチは1904年、ロサンゼルス生まれ。幼少期を日本で過ごした後、13歳で単身渡米。ブランクーシの助手を経て、1929年からニューヨークを拠点に彫刻家として活動をはじめました。

1950年、ノグチは19年ぶりに来日。猪熊弦一郎(画家)、丹下健三(建築家)、剣持勇(デザイナー)ら多くの芸術家と交遊を持ちましたが、特に意義深かったといえるのが、長谷川三郎との出会いです。

「古い東洋と新しい西洋」の関係に関心を抱いていたノグチと長谷川は、すっかり意気投合。日本美の本質を見極めるため、ふたりは連れ添って京都、大阪、奈良、伊勢を旅行しました。この旅行はノグチの活動に大きな影響を与えるとともに、長谷川にとっても日本美を再発見するきっかけとなりました。



ふたりが交友を深めた1950年の日本は、連合国軍の占領下。日本の伝統を評価する動きは難しい時代でしたが、ふたりは臆する事なく「古い日本」の美に着目。単なる懐古趣味ではなく、当時求められていた抽象の精神を、日本の伝統の中から見出そうとしました。

ノグチは日本で創作活動をはじめ、北大路魯山人の窯を自由に使う事を許された事から、陶芸に没頭。光の彫刻〈あかり〉シリーズも、この時期に誕生しました。

一方の長谷川も、ノグチとの出会いがきっかけになって、芸術の国際交流の場で活躍する事となります。渡米してMoMAで講演、デュシャと交友、個展の開催と精力的に活動を続けますが、癌のため客死。わずか50歳でした。

会場冒頭に展示されているノグチの作品は、その名も《雪舟》。ノグチは長谷川が所有する雪舟作《山水長巻》(複製)を見せてもらい、感服した経験がありました。前年に病没した親友へのオマージュ作品といえます。

敵対する日本と米国に生まれた長谷川とノグチですが、互いの文化を尊重しあいながら、ともに自身を高めあっていきました。ふたりの広い視野と自由な精神は、隣国との関係にも苦慮している私たちの胸に響きます。

展覧会は、イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)と横浜美術館による共同企画展。横浜展の後には、ノグチ美術館(ニューヨーク)、アジア美術館(サンフランシスコ)と米国の2館に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月11日 ]

美術展完全ガイド2019美術展完全ガイド2019

晋遊舎(編)

晋遊舎
¥ 1,080

 
会場横浜美術館
開催期間2019年1月12日(土)~3月24日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : https://yokohama.art.museum/
展覧会詳細へ イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社