インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アメリカ美術を変えた日本人 国吉康雄展

アメリカ美術を変えた日本人 国吉康雄展

■激動の人生、映画の企画も進行中
【会期終了】 17歳で単身渡米し、20世紀前半のアメリカで活躍した日本人画家、国吉康雄(くによしやすお)。同時代のアメリカを代表する画家の1人として評価されている国吉の大規模な展覧会が、横須賀美術館で開催されています。
国吉康雄は1889(明治22)年、岡山生まれ。父は人力車夫の組頭で、美術とのかかわりは薄い環境で育ちました。

1906年に17歳で単身渡米した際も、はっきりした渡航目的があったわけではありません。渡米直後は機関車の洗車やビルの床掃除など、生活で手一杯の状況でした。


会場

ロスの公立学校で教師に勧められてデザイン学校に入学。その後、ニューヨークに渡って本格的に絵の勉強をします。

国吉は幸いなことにアート・ステューデンツ・リーグの学生時代にパトロンと出会い、さまざまな援助を受けます。

本格的なデビューは1922年。33歳の時にニューヨークで開いた初個展は批評家たちから高い評価を得て、注目を集めるようになりました。


会場

展覧会では、学生時代から晩年の作品までをとおして、国吉の足跡を振り返ります。

学生時代には印象派や後期印象派などの画風を学んでいた国吉の作品に、まるい顔の特徴的な人物が見られるようになるのは1920年代のこと。キュビズムとアメリカのフォークアートがイメージの源泉になっています。


人物の絵画

国吉の絶頂期といえるのは、1930年代~40年代にかけてです。

切れ長で伏し目がちの表情、頬杖をついた少しけだるい雰囲気の女性像。国吉は「こうあってほしいと思う女性を描いた」といいます。

約10年にわたって、モデルを使いながら普遍的な女性のイメージを追い求めていきました。


後期のサーカスの絵など

最後に展示されているのは、カラフルなサーカスの絵。国吉はニューヨークにサーカスが来ていれば必ず見に行くほどのサーカス好きで、自身が寄席芸人をしていたという説もあるほどです。

1952年にアメリカでアジア系移民の市民権獲得が可能になり、国吉も取得に動きましたが、残念ながら翌年に64歳で死去しました。

渡米後は一度しか帰国せず、アメリカ社会の一員として生きようとした国吉。今も数多くの作品がアメリカの美術館に残されています。(取材:2012年5月8日)

白人たちのアメリカ―画家・国吉康雄の誤算

清水 輝彦 (著)

文芸社ビジュアルアート
 

会場横須賀美術館
開催期間2012年4月28日(土)~7月8日(日)
所在地 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
TEL : 046-845-1211(代表)
HP : http://www.yokosuka-moa.jp/
展覧会詳細へ アメリカ美術を変えた日本人 国吉康雄展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社