インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  名画を切り、名器を継ぐ -美術にみる愛蔵のかたち-

名画を切り、名器を継ぐ -美術にみる愛蔵のかたち-

■形を変えて、愛を込めて
【会期終了】 「古来から伝わる貴重な美術品」と決まり文句のように言われますが、私たちがいま目にしている美術品は、作られた当時そのままとは限りません。中には所有した人や時代の好みによって、人為的に手が加えられているものも。形を変えることで、より深い愛情が込められた品々。根津美術館でご紹介します。
「人為的に手を加えた美術品」というとイメージは良くないかもしれませんが、例えば、国宝《檜図屏風》(伝狩野永徳筆)も、元は襖絵を屏風に改装したもの。古い筆跡は「古筆」として切断されて古筆切になり、古筆切は鑑賞用に掛物(掛軸)に、あるいはアルバム状に台紙に張られて手鑑(てかがみ)にと、姿を変えて現代に伝わる美術品は枚挙に暇がありません。

本展は「唐絵の切断から」「古筆切と手鏡」「絵巻・歌仙絵の分割」「さまざまな改装」「茶道具への愛着」の分類で、国宝4件、重要文化財35件を含む約100件を紹介する企画。展示室1では主に書画を、展示室2で工芸品を紹介します。


会場入口から

会場最初に展示されているのが、南宋の画僧・牧谿(もっけい)による国宝《瀟湘八景図 漁村夕照》。絵の大きさを見て考えると…そのとおり、元は巻物だったのです。

「瀟湘八景(しょうしょうはっけい)」とは、中国山水画の伝統的な画題。室町将軍・足利義満によって八景が各図ごとに切断され、掛物に改装されたと考えられています。

日本の水墨画に多大な影響を及ぼした牧谿。墨の濃淡を自在に操り、時が止まったかのような奥深い山々を巧みに表現しています。左下には義満の所蔵品だった事を示す「道有」の印が捺されています。


国宝《瀟湘八景図 漁村夕照》牧谿筆

「改変によって価値が増した美術品」なら、桃山時代の茶碗が典型的。この時代の茶碗は、あえて修理したところを目立たせるようにした作例も散見されます。

中でも《大井戸茶碗 銘 須弥(別銘 十文字)》は驚くべき大胆さ。茶碗を十文字に切った後にもう一度継ぎ直すという豪快さで、上から見ると補修の痕がくっきりと残っています。

切断された理由は諸説あります。ひとつは、茶碗が大きすぎたので切って詰めたというもの。さらに、この茶碗には他にも直した部分があるので、それを目立たなくするために、あえて十文字に切断して大胆に繕った、という説もあります。


《大井戸茶碗 銘 須弥(別銘 十文字)》

17世紀(江戸時代)の壺《信楽壺 銘 破全》は、根津美術館とは縁が深い品です。

これを手に入れた初代・根津嘉一郎が茶会で花入れに用いると、高橋箒庵(実業家で茶人)が「完全であるのは面白みがない」と指摘。嘉一郎は出入りのものに、少し壺を欠くように言いつけましたが、勢いあまって壺はバラバラに。嘉一郎はすっかり意気消沈してしまいましたが、割れた壺を「破れ花入れ」として用いたところ茶友が絶賛。すっかり機嫌が直ったと伝わります。

壺は長らく壊れたままでしたが、近年になって修復されて今の姿に。この姿を初代嘉一郎はどう思うでしょうか。


《信楽壺 銘 破全》

会期中に展示替えがありますので、お目あてがある方は公式サイトの出品リストで展示期間をご確認ください。また本展では、リピーター割引「またどうぞ券」(一般・学生とも通常料金より200円引き)も、ミュージアムショップで販売されています。

根津美術館では来年度の展覧会スケジュールも発表。注目は4月18日(土)~5月17日(日)に開催される「尾形光琳300年忌記念特別展 燕子花と紅白梅」。恒例の国宝《燕子花図屏風》が展示される時期に、なんとMOA美術館から国宝《紅白梅図屏風》が出展。尾形光琳によるツートップが、56年ぶりに揃って展示されます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月19日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

 
会場根津美術館
開催期間2014年9月20日(土)~11月3日(月)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 名画を切り、名器を継ぐ -美術にみる愛蔵のかたち- 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社