インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ビアズリーと日本

ビアズリーと日本

■日本から学び、日本が学んだビアズリー
【会期終了】 1890年代の英国、彗星のように登場したオーブリー・ビアズリー(1872-98)。退廃、官能、そして妖気を孕んだビアズリーのイラストは19世紀末の英国を席巻し、その旋風は遠く日本まで伝わりました。「サロメ」の挿画をはじめとしたビアズリーの作品と、その影響を受けた作家を紹介する展覧会が、滋賀県立近代美術館で開催中です。
1890年代のデカダンスを象徴する、オーブリー・ビアズリー。ラファエル前派のエドワード・バーン=ジョーンズにその作品を絶賛され、19歳で画家の道へ踏み出しました。

当時のヨーロッパを席巻していたのが、ジャポニスム。ビアズリーもその影響を受け、初期の作品からは日本の近世美術を参考にした作例も見受けられます。

「バーン=ジョーンズほど金のかからないバーン=ジョーンズ」を求めていた出版社の目にとまったビアズリー。「アーサー王の死」の挿画などで、徐々に注目を集めていきました。


初期の作品など

ビアズリーの名を世界に知らしめたのが、オスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」。英語版「サロメ」の挿画に起用されたビアズリーは背徳の世界を妖艶に描き、社会に大きな衝撃を与えました。

実は、ワイルドはビアズリ―の挿画に不満をもらしています。ワイルドを揶揄するようなカットが見られる事もありますが、戯曲より挿画の方が有名になったためとも言われています。

英訳版「サロメ」に使われたのは13点ですが、展覧会では使われなかった作品も含め17点が展示されています。


オーブリ―・ビアズリー《オスカー・ワイルド著「サロメ」の挿画のためのドローイング集》

時代の寵児となったビアズリーですが、突然の試練が襲います。それは「男色」。オスカー・ワイルドが男色の罪で有罪になると、ビアズリーも同じ嫌疑をかけられる悲運に見舞われました(実際のビアズリーは男色家ではありません)。

実力で悪評を乗り越えたビアズリーを襲った次の試練は「肺結核」。残念ながら、この試練に勝つ事はできませんでした。療養のために転地を繰り返しながら、新たな表現にも挑戦したビアズリーですが、1898年に死去。まだ25歳の若さでした。


ビアズリー自身が立ち上げた雑誌「イエロー・ブック」など

日本で最初にビアズリーを本格的に紹介したのは、雑誌「白樺」。すでに没後12年経っていましたが、斬新な意匠は同時代の画家も強く刺激しました。水島爾保布、茂田井武、『月映』の三人(田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎)など、ビアズリーの術中に嵌った画家は数えきれません。ビアズリーを失った欧州でもアラスター、ハリー・クラークら、その様式を踏襲した追随者が活躍しています。

さらに、その影響はデザイナー(当時は「図案家」)にも。山六郎や山名文夫はアール・デコにビアズリー風を合わせたデザインを展開。山名は後に資生堂に移り、唐草模様の包装紙に繋がっていきました。


第2章では、ビアズリーから影響を受けた日本の画家を中心に紹介されます

ビアズリーをスターの座に押し上げた「サロメ」ですが、その内容から英国では舞台上演が許可されませんでした。ビアズリーもオスカー・ワイルドも、公演を見る事なく没しています。

宇都宮美術館からの巡回展で、滋賀で2館目。この後は新潟(新潟県立万代島美術館:4月29日~6月26日)、石川(石川県立美術館:7月23日~8月28日)と巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年3月8日 ]

オーブリー・ビアズリーオーブリー・ビアズリー

海野 弘 (監修)

パイインターナショナル


■ビアズリーと日本 に関するツイート


 
会場滋賀県立近代美術館
開催期間2016年2月6日(土)~3月27日(日)
所在地 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1(文化ゾーン内)
TEL : 077-543-2111
HP : http://www.shiga-kinbi.jp/?p=18975
展覧会詳細へ ビアズリーと日本 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社