インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ぬぐ絵画―日本のヌード 1880-1945

ぬぐ絵画―日本のヌード 1880-1945

■スーパーモデル体型の理由は…
【会期終了】 「はだかを描く」という表現は、明治維新後に西欧から入ってきた手法です。現在では当たり前の表現ですが、当時は喧々諤々。刺激的な展覧会名がついた本展、明治期から1945年まで「日本のはだかの表現」の歩みを振り返ります。
芸術か、猥褻か。はだかをめぐる議論は、明治の世においては現代と比べ物にならないほど大きな問題でした。

欧州で絵画を学んだ黒田清輝は、鏡の前の裸婦を描いた作品「朝妝」をフランスから持ち帰り、明治28(1895)年の内国勧業博覧会に出品しましたが、会場は大きな騒ぎとなりました。風刺画家のビゴーは、顔をくっつけんばかりに絵を見る男性や、恥ずかしさのあまり顔を隠す女性など、絵を巡る混乱を風刺しています。

はだかは猥褻ではなく芸術であることを示すために、黒田は様々な工夫を行います。黒田の代表作「智・感・情」は、この時代の日本人としてはありえない7.5頭身というプロポーション。股間部分も不自然なほどにつるっと描き、実際の人間との違いを強調することで、性的な印象を抱かないようにしたのです。



本展は「はだかを作る」「はだかを壊す」「もう一度、はだかを作る」の三章構成です。

黒田清輝、和田英作らの明治の先人たちが、猥褻ととられないように様々な工夫をしながら、はだかを表現していった第一章。

黒田らの次の世代で前衛美術の流れを受けた萬鉄五郎、熊谷守一、古賀春江らは、黒田らに反発するように自らの表現手法で、はだかに挑んでいった第二章。

安井曽太郎、小出楢重、梅原龍三郎ら、さらに次の世代は、性的な制約から逃れはじめ、生々しい表現も試していくなど、新しいはだかを作っていった第三章。

また、今回は所蔵作品展でも日本画、彫刻、写真、素描、版画の中のはだかの表現を「ぬぐコレクション」と銘打って紹介しており、東京国立近代美術館全体がはだかで彩られるという、異色の構成となっています。



刺激的な表現が氾濫している現代、本展を猥褻と思う人は少ないでしょうが、はだかに対する規制は、今でも思いのほか多くあります。本展の広報として交通広告を企画したところ、却下されてしまったというエピソードはそのひとつ。名画の記念切手は定番ですが、裸体画の記念切手は認められないなど、各所に制限が残っているのです。

社会的な制約とは裏腹に、本展の企画には「名だたる女性誌から取材が殺到した」(担当学芸員の蔵屋美香氏)とのこと。若い女性も「描かれたはだか」には多いに興味があるようです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年11月14日 ]

黒田清輝 (新潮日本美術文庫 (27))

黒田 清輝

新潮社
¥ 1,155

 
会場東京国立近代美術館
開催期間2011年11月15日(火)~2012年1月15日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.momat.go.jp/
展覧会詳細へ ぬぐ絵画―日本のヌード 1880-1945 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社