IM
    レポート
    松平不昧 生誕270年 茶の湯の美
    出光美術館 | 東京都
    休館が続いていた出光美術館が再スタート、茶の湯にまつわる美術品を展観
    大名茶人として名高い松平不昧、茶道具を記録した『雲州蔵帳』の名宝も
    携帯用の点前道具は愛らしい組み合わせ、新しい道具として板谷波山の名品

    鎌倉時代に日本にもたらされた、喫茶の風習。まずは禅僧の中で広まり、その精神性を武士が尊んだ事で、侘び・寂びなど日本人の美意識を反映しながら「茶」の文化が形づくられてきました。

    茶の湯が発展するとともに、多くの茶道具が賞玩されるようになります。館蔵品の中から、掛物、花生、茶入や茶碗、水指など、茶の湯にまつわる美術を紹介する展覧会が、出光美術館で開催中です。


    出光美術館「松平不昧 生誕270年 茶の湯の美」会場入口
    出光美術館「松平不昧 生誕270年 茶の湯の美」会場入口


    展覧会冒頭は、トピックス的な特集「不昧の眼 ─『雲州蔵帳』の名宝」から。松平不昧生誕270年を記念したエリアです。

    大名茶人として名高い、松江藩七代藩主・松平不昧(治郷)。数々の美術品を蒐集し、伝来の名物茶道具の詳細を記した『古今名物類聚』は、現代でも茶道具の手引きとされています。

    『雲州蔵帳』は、不昧によって蒐集された茶道具を記録した、松平家の蔵帳です。牧谿とともに日本の水墨画に大きな影響を与えた玉澗による名品《山市晴嵐図》も、「宝物之部」に記載されています。


    重要文化財 玉澗《山市晴嵐図》中国 南宋時代末期~元時代初期
    重要文化財 玉澗《山市晴嵐図》中国 南宋時代末期~元時代初期


    第1章「茶の湯の名品」では、茶の湯の道具別に優品を展示。ここでは4点ご紹介しましょう。龍泉窯の《青磁浮牡丹不遊環耳付花生》は、青磁の花生。胴部にあしらわれた牡丹は、宋時代に熱狂的に愛好されました。


    《青磁浮牡丹不遊環耳付花生》龍泉窯 中国 南宋時代~元時代
    《青磁浮牡丹不遊環耳付花生》龍泉窯 中国 南宋時代~元時代


    《祥瑞蜜柑水指》は、ふっくらと丸みを帯びたかたちから「蜜柑」と名付けられた水差し。「祥瑞」(しょんずい)は中国明時代末期に、景徳鎮窯が日本の茶人好みに合わせて焼造した染付茶道具の様式です。深く冴えた青い染付と、ムラがなく澄んでいる透明釉が特徴といえます。


    《祥瑞蜜柑水指》景徳鎮窯 中国 明時代末期
    《祥瑞蜜柑水指》景徳鎮窯 中国 明時代末期


    野々村仁清による《色絵鶏香合》は、愛らしい作品。仁清は型造りの香合の中でも、とりわけ鳥形の香合が得意でした。仁清の型物香合は人気があり、肥前などでも類似する型物がつくられていました。


    野々村仁清《色絵鶏香合》江戸時代前期
    野々村仁清《色絵鶏香合》江戸時代前期


    《奥高麗茶碗 銘さざれ石》は重厚感のある茶碗で、朽葉色の釉は温和な雰囲気です。「奥高麗」は唐津焼の茶碗のなかで、高麗茶碗に似た作風を示す名称でもあります。


    《奥高麗茶碗 銘さざれ石》唐津 桃山時代
    《奥高麗茶碗 銘さざれ石》唐津 桃山時代


    第2章は「旅する茶道具 ─茶箱の世界」。「野点」は野外で開かれる茶会のこと。野点の席には、携帯用の点前道具が収められた、茶箱や茶籠が用いられることがあります。

    《螺鈿竹雀文籠地茶箱》は豪華な螺鈿の茶箱。雀や笹竹のデザインで、中国明時代から清時代の作と思われます。茶碗は絵唐津、菱形茶入は祥瑞山水文。茶杓は象牙製です。近衛家に伝わりました。


    《螺鈿竹雀文籠地茶箱》江戸時代前期
    《螺鈿竹雀文籠地茶箱》江戸時代前期


    第3章は「懐石のうつわ」。正式な茶事は、懐石(食事)を伴います。懐石は料理だけでなく、うつわも重要な要素になります。

    《織部千鳥形向付》は、千鳥の形にあしらったうつわです。ロクロの後、型打ちでつくられており、翼部分には銅緑釉が掛けられ、中央部には藤の花房や線文などが銹絵で描かれています。


    《織部千鳥形向付》美濃 桃山時代
    《織部千鳥形向付》美濃 桃山時代


    最後の第4章は「近現代の茶道具」。茶の湯の道具として、伝来のものが尊ばれるのはもちろんですが、亭主の好みによって取り合わされる事で、新しい茶道具も生み出されていきます。

    板谷波山は、陶芸家として初めて文化勲章を受賞した近代の作家。波山による《彩磁桔梗文水差》は、八つの花弁が配されたデザインです。うつわは昭和28年の作ですが、この意匠は明治30年代にはすでに考案されており、当時最先端だったアール・ヌーヴォー様式に学んだものです。


    板谷波山《彩磁桔梗文水差》昭和28年(1953)
    板谷波山《彩磁桔梗文水差》昭和28年(1953)


    なお出光美術館では本展にあわせて、館蔵の『御茶器帳 (雲州蔵帳)』を全文翻刻した『出光美術館蔵 御茶器帳(雲州蔵帳)』も刊行しました。単体では1,200円ですが、展覧会の図録(2,300円)と一緒に購入すると、あわせて3,000円というお買い得価格です(同時購入の取り扱いはショップのみ)。

    新型コロナウイルスの影響で休館が続いていた出光美術館も、いよいよ本展で再スタート。この展覧会から、オンラインによる日時指定予約システムが導入されていますので、ご注意ください。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年4月15日 ]

    《御茶器帳(雲州蔵帳) 参考舊帳》江戸時代後期
    《遠州茶箱 銘桜》江戸時代前期
    重要文化財 無準師範《禅院額字「選佛場」》中国 南宋時代
    《蒟醤茶箱》江戸時代後期
    会場
    出光美術館
    会期
    2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
    会期終了
    開館時間
    11:00~17:00(入館は16:30まで)
    休館日
    【4月27日(火)から当面の間、臨時休館】月曜休館(ただし、5月3日は開館)
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://idemitsu-museum.or.jp/
    料金
    一般1,200円/高・大生800円
    中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)

    ※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です
    展覧会詳細 松平不昧 生誕270年 茶の湯の美 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと89日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと85日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと54日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと159日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと124日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    日本銀行金融研究所 貨幣博物館職員(事務職員)の募集 [日本銀行金融研究所貨幣博物館]
    東京都
    川崎市岡本太郎美術館 職員(学芸員)募集 [川崎市岡本太郎美術館]
    神奈川県
    知床博物館 [斜里町立知床博物館]
    北海道
    大阪歴史博物館 受付・案内員募集(お仕事No 210907bf) [大阪歴史博物館]
    大阪府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード