IM
    レポート
    蜷川実花展 -虚構と現実の間に-
    上野の森美術館 | 東京都
    写真家の枠を超えて多彩な活動をする蜷川実花、写真の本質に迫る展覧会
    全国巡回した展覧会の集大成、書斎を再現したインスタレーションも追加
    今年撮影した写真や、女性やパラスポーツ選手たちのポートレートなども

    写真はもちろん映画、デザイン、ファッションなど、多彩な分野で活躍を続ける蜷川実花。2018年から全国10会場を巡回した展覧会の集大成として、これまでの展示作品を大幅に入れ替え、スケールアップした展覧会が、上野の森美術家で開催中です。



    上野の森美術館「蜷川実花展 -虚構と現実の間に-」


    これまで熊本市現代美術館、豊川市桜ヶ丘ミュージアム、大分市美術館、いわき市美術館、宇都宮美術館、岡山シティミュージアム、札幌芸術の森美術館、北海道立帯広美術館、松坂屋美術館、山梨県立美術館と巡回し、計27万人以上を動員した蜷川実花展。東京会場では他の会場とは大きく異なる構成も見ものとなります。

    会場入口は、真紅のベルベットに包まれた空間。足を進めると、一転して真っ青な展示室からスタートします。10本のモノリス状の直方体が林立、モニターではそれぞれ31点、計310点の作品が映し出されます。



    上野の森美術館「蜷川実花展 -虚構と現実の間に-」会場入口


    最初のコーナーは生花の作品「Blooming Emotions」。撮影された生花の多くは、自然の中にあるがままに咲いている花ではなく、誰かにむけて育てられた花です。

    冒頭はモノトーン基調の作品。途中からカラフルな作品に変わり、コーナーの最後は花の中を歩いて行くような長い通路になります。



    「Blooming Emotions」


    次は「Imaginary Garden」。壁面だけでなく、床面も埋め尽くした花の写真は、造花やカラーリングフラワー(インクの色水を花に吸わせて作る多彩な色彩の花)など、人工的に作られたものです。今回展示された造花の写真は、ほとんどが墓地で撮影されたものです。


    続く「I am me」は、さまざまな女性を撮影したポートレイト。ともに生きる同志である女性たちの背中を押すことは、蜷川が創作活動を行う原動力の1つだとしています。



    「Imaginary Garden」


    2階に進むと、蜷川自身を撮影した「Self-Image」。セルフポートレートを撮影するのは、他のプロジェクトのためとても忙しい時期が多く、シャッターを切る事で自分自身の中にしまいこんできた感情を見つけ、自分を取り戻していくといいます。


    続いて、パラリンピックを盛り上げるメディアとして蜷川たちが立ち上げたプロジェクト「GO Journal」。パラリンピアンを撮影して、競技のことのみならず半生について掘り下げたインタビュー記事も付されたフリーマガジンです。2017年から毎年1号ずつ、5号まで発行されました。



    「GO Journal」


    次は「TOKYO」、蜷川が生まれ育った場所である東京を写した作品です。2020年までは「写ルンです」を通した半径1-2メートルの世界を撮影しています。

    アスファルト、コンクリート、ガラス、ネオンサイン、そしてそれらが切り取る空など、都市の表情のなかに、東京がもつ新たな美しさを見出していきます。



    「TOKYO」


    そして「うつくしい日々」。蜷川の父、蜷川幸雄は2016年5月に死去。このエリアは、蜷川幸雄が病に倒れ、ゆっくりと死に向かう一年半の日常を撮影した作品で構成されて、写真の間には、蜷川の言葉も添えられています。

    終末に向かう寂しさの中、むしろこれまでの幸せな日々への感謝の気持ちが強く表現されており、あたたかなふたりの関係性は、とても羨ましく思えます。

    巡回展の各会場でも、とても人気が高いエリアです。



    「うつくしい日々」


    続く「光の庭」は、2021年春に撮影した桜と藤の作品による構成。花々は光をまとい、眩いばかりの作品が天井面まで覆います。



    「光の庭」


    最後の「Chaos Room」は、蜷川実花の世界観が全開。蜷川の書斎にある私物などから構成された、まさにカオス(混沌)の世界です。

    クローズアップされた女性の唇などの写真作品の他、モニターでは映像作品も上映。「虚構と現実」という展覧会のテーマに相応しい空間です。



    「Chaos Room」


    蜷川実花の作品世界を会場全体で体感できる、密度が高い展覧会です。一部を除き、写真撮影も可能です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年9月15日 ]

    上野の森美術館「蜷川実花展 -虚構と現実の間に-」会場風景
    上野の森美術館「蜷川実花展 -虚構と現実の間に-」会場風景
    「Blooming Emotions」
    「Chaos Room」
    会場
    上野の森美術館
    会期
    2021年9月16日(木)〜11月14日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00
    ※最終入館は閉館の30分前まで
    休館日
    会期中無休
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://ninagawa-exh.com/
    料金
    【前売り券】(美術展ナビチケットアプリのみ)
    一般 1,600円
    大学・高校生 1,400円
    中学・小学生 500円
    【当日券】(窓口販売のみ)
    一般 1,800円
    大学・高校生 1,600円
    中学・小学生 600円
    ※平日は日付、土日祝日は日時指定制。
    展覧会詳細 蜷川実花展 -虚構と現実の間に- 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    大分県佐伯市職員 学芸員募集! [佐伯市役所]
    大分県
    メナード美術館 パート社員募集 [メナード美術館]
    愛知県
    福井市職員採用試験(学芸員(考古学)) [福井市郷土歴史博物館等]
    福井県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと36日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと8日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと15日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと15日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと22日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)