IM
    レポート
    企画展示「クマのプーさん」展
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    『クマのプーさん』の世界が展覧会に。楽しい展示室で原画約100点を鑑賞
    1924年生まれのプーさんが今日も世界中で愛される秘密をAからZまでで解説
    展示室が「百町森(100エーカーの森)」に、映像インスタレーションも充実

    1926年にイギリス人作家のA.A.ミルンが執筆し、E.H.シェパードが挿画を描いた『クマのプーさん』。

    約100年を経た今でも人気を集めるプーさんについて、物語の世界観に包まれるあたたかな空間で紹介する展覧会が、PLAY! MUSEUMで開催中です。



    左側のゲートをくぐって会場に入ります


    展示の最初は「Pooh A to Z」。知っているようで知らないプーさんのこと、プーさんがどうしてここまで愛されているのかについて解説します。

    展示はAからZの26項目。例えばBは「Bear of Very Little Brain」(ちっぽけな脳みそのクマ)、です。



    「Pooh A to Z」


    「Pooh A to Z」


    中央の楕円形の展示室に入ると、「百町森(100エーカーの森)」の緑、青、黄、赤色の大きな布が広がる空間。なだらかな丘を想起させるスロープや階段も設けられました。

    展示ケースは東京・檜原村の木材を活用。持続可能な森づくりをテーマに活動する東京チェンソーズの協力を得ています。



    「百町森」をイメージした展示室


    壁面には、1950~60年代、アメリカのダットン社のシリーズ新装版のためにシェパードが描いた原画を約100点展示。

    現在刊行されている岩波書店の『クマのプーさん プー横丁にたった家』『絵本クマのプーさん』の表紙や口絵に使われている、おなじみの絵です。



    『くまのプーさん プー横丁にたった家』原画 1957年


    「クマのプーさん」といえば『クマのプーさん』と『プー横丁にたった家』ですが、他に2冊の詩集『クリストファー・ ロビンのうた』『クマのプーさんとぼく』もあります。

    会場では、いくつかの詩も紹介されています。



    PLAY! MUSEUM 企画展示「クマのプーさん」展 会場


    会場最後は、プーさんの物語の舞台となったイングランド南部のアッシュダウンの森をテーマにした映像インスタレーション。

    複数のスクリーンを縫うように進みながら、森の朝から夜まで体験できる空間。音とともに香りも漂い、特別な空間でプーと仲間たちを思うことができます。

    撮影、編集、会場構成は岡本香音さんが担当しました。



    映像インスタレーション「アッシュダウンの森のきろく」


    ミュージアムショップでは、展覧会にあわせた会場限定グッズを発売。

    クリストファーロビンとプーさんのシルエットを大きくあしらったTシャツや、切り離して飾れるぬりえブック、ボタニカルデザインのレターセットなど、さまざまなアイテムが用意されています。



    ミュージアムショップ


    いつものようにCAFEも、展覧会に関連したオリジナルのフード、スイーツ、ドリンクを提供中。

    スモークサーモンとクリームチーズのオープンサンドなど、5種類です。



    右手前が、オープンサンド サーモン(スープ付) 1,680円


    文句なしで大人も子どもも楽しめる展覧会です。入場は、1日を8つの時間帯に分けての日時指定制が導入されています。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年7月15日 ]

    「Pooh A to Z」
    『クリストファー・ロビンのうたの本』原画 1967年
    会場
    PLAY! MUSEUM
    会期
    2022年7月16日(土)〜10月2日(日)
    会期終了
    開館時間
    展覧会のごとに異なる。
    詳細は公式HPをご確認ください。
    休館日
    無休(展示の入替、年末年始をのぞく)
    住所
    東京都立川市緑町3−1 GREEN SPRINGS内 W3棟 2F
    電話 042-518-9625
    公式サイト https://play2020.jp/
    料金
    一般1,800円、大学生1,200円、高校生1,000円、中・小学生600円
    [立川割]一般1,200円、大学生700円、高校生600円、中・小学生400円

    *未就学児無料
    展覧会詳細 企画展示「クマのプーさん」展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    福岡市職員【文化学芸職・係長級】(歴史~日本近世史~) 募集! [福岡市博物館]
    福岡県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと108日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと39日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと67日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと4日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催まであと3日
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)