IM
    レポート
    ルーヴル美術館展 愛を描く
    国立新美術館 | 東京都
    ルーヴル美術館が有する絵画から「愛」を表現した名品を厳選、73点を紹介
    聖母マリアと幼子イエスによる親子愛の作品は、自分の家族を重ね合わせて
    フラゴナールの代表作《かんぬき》には、愛の営みを象徴する事物が各所に

    古来から、人々のさまざまな営みが描かれてきた西洋美術。人間の根源的な感情といえる「愛」の姿も、さまざまな画家が作品として表現していきました。

    美の殿堂・ルーヴル美術館から、「愛」をテーマにした73点の名品を紹介する展覧会が、国立新美術館で開催中です。


    国立新美術館「ルーヴル美術館展 愛を描く」会場
    国立新美術館「ルーヴル美術館展 愛を描く」会場


    展覧会のプロローグは「愛の発明」。ギリシアの哲学者たちは愛の概念を分類し、その一つがエロス(性愛・恋愛)です。「誰かに恋焦がれる」という感情は、愛の神であるアモル(キューピッド)が射た矢が心臓に当たった時に生まれると考えられました。

    フランソワ・ブーシェは、18世紀フランスの巨匠です。《アモルの標的》は「神々の愛」をテーマにした連作タペストリーの原画の一つで、誘惑の後に高潔な愛が生まれるという考えが示されています。


    国立新美術館「ルーヴル美術館展 愛を描く」会場より フランソワ・ブーシェ《アモルの標的》1758年 展示風景
    フランソワ・ブーシェ《アモルの標的》1758年 展示風景


    続く第1章は「愛の神のもとに ─ 古代神話における欲望を描く」。ギリシア・ローマ神話における愛では、愛する者の身も心も全て所有したいという、強い欲望と一体となった表現が見られます。

    山や泉などの自然物の精であるニンフと、人間の身体とヤギの脚を持つサテュロスの組み合わせは、多くの画家たちがモチーフにしました。アントワーヌ・ヴァトーの作品では、欲望に駆られたサテュロスが、ニンフの身体からベールを持ち上げ、美しい裸身にみとれています。


    国立新美術館「ルーヴル美術館展 愛を描く」会場より アントワーヌ・ヴァトー《ニンフとサテュロス》1715-1716年頃 展示風景
    アントワーヌ・ヴァトー《ニンフとサテュロス》1715-1716年頃 展示風景


    第2章は「キリスト教の神のもとに」。キリスト教における愛の表現では、孝心をはじめとする親子愛がしばしば描かれました。聖母マリアと幼子イエスを中心に据えた「聖家族」の絵画では、人々はこれらに親子愛のモデルを見いだし、自分の家族を重ね合わせました。

    また、幼子イエスを優しく胸に抱く聖母マリアの像は、キリストの受難の暗示でもあります。17世紀イタリアの画家であるサッソフェラートはこの画題で人気を博し、多くの作例を残しています。


    国立新美術館「ルーヴル美術館展 愛を描く」会場より (左)サッソフェラート(本名 ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ)《眠る幼子イエス》1640-1685年頃 展示風景
    (左)サッソフェラート(本名 ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ)《眠る幼子イエス》1640-1685年頃 展示風景


    第3章は「人間のもとに ─ 誘惑の時代」。オランダでは17世紀、フランスでは18世紀に入ると、現実世界に生きる人間たちの愛が盛んに描かれるようになります。

    18世紀後半に活躍したジャン=オノレ・フラゴナールの代表作《かんぬき》は、俗世の男女の愛を描いた風俗画です。かんぬき(男性性器の暗示)、壺とバラの花(女性性器・処女喪失の暗示)、乱れたベッドなど、愛の営みを象徴する事物が散りばめられています。


    国立新美術館「ルーヴル美術館展 愛を描く」会場より ジャン=オノレ・フラゴナール《かんぬき》1777-1778年頃 展示風景
    ジャン=オノレ・フラゴナール《かんぬき》1777-1778年頃 展示風景


    最後の第4章は「19世紀フランスの牧歌的恋愛とロマン主義の悲劇」。18世紀末のフランスでは、手つかずの自然のなかで純朴な若者たちが愛を育むという、ロマンティックな牧歌的恋愛物語が、文学や美術で流行しました。

    新古典主義の画家、フランソワ・ジェラールは1798年のサロンに《アモルとプシュケ》を出品しました。美しい牧歌的風景のなかで、若く美しい愛の神アモル(キューピッド)が、プシュケの額にそっとキスするロマンティックな瞬間を描いた作品は、注目を集めました。


    国立新美術館「ルーヴル美術館展 愛を描く」会場より フランソワ・ジェラール《アモルとプシュケ》、または《アモルの最初のキスを受けるプシュケ》1798年 展示風景
    フランソワ・ジェラール《アモルとプシュケ》、または《アモルの最初のキスを受けるプシュケ》1798年 展示風景


    コロナ禍も一段落し、またこの種の大型展が見られるようになったのは嬉しい限りです。LOUVRE(ルーヴル)のスペルの中にLO VE(愛)が入っている事に気づいた担当の方には、敬意を表したいと思います。

    東京展の後に、京都市京セラ美術館に巡回します(6/27~9/24)。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年2月28日 ]

    ルイ=ジャン=フランソワ・ラグルネ(兄)《デイアネイラを略奪するケンタウロスのネッソス》1755年 展示風景
    フランソワ・ブーシェ《プシュケとアモルの結婚》1744年 展示風景
    (左から)フランソワ・ブーシェ《アモルを支える三美神》1765年 / ジャン=パティスト・ルニョー《「快楽」の抱擁からアルキビアデスを引き離すソクラテス》1791年 展示風景
    (左から)ギヨーム・ボディニエ《イタリアの婚姻契約》1831年 / ジャン=バティスト・グルーズ《アモルに導かれる「無垢」》、または《ヒュメナイオスの勝利》1786年頃 展示風景
    アンヌ=ルイ・ジロデ・ド・ルシー=トリオゾン《エンデュミオンの眠り》1791年 展示風景
    アリ・シェフェール《ダンテとウェルギリウスの前に現れたフランチェスカ・ダ・リミニとパオロ・マラテスタの亡霊》1855年 展示風景
    会場
    国立新美術館
    会期
    2023年3月1日(水)〜6月12日(月)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(毎週金・土曜日は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    毎週火曜日 ※ただし、3/21(火・祝)・5/2(火)は開館、3/22(水)は休館
    住所
    〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.ntv.co.jp/love_louvre/
    料金
    一般 2,100円、大学生 1,400円、高校生 1,000円
    展覧会詳細 ルーヴル美術館展 愛を描く 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
    東京都
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと53日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと18日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    4
    佐川美術館 | 滋賀県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催中[あと46日]
    2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと46日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)