読者
    レポート
    今こそ、ルーシー!


    カリフォルニア州サンタローザ「シュルツ美術館」所蔵の貴重な原画を中心に構成


    『「今こそ、ルーシー!」 ~LUCY IS HERE~』に行ってきました。

    米「シュルツ美術館」世界唯一のサテライト美術館


    全長約8メートルの巨大スヌーピー(スヌーピーミュージアム「スヌーピー・ルーム」)


    チャールズ・シュルツ氏による漫画『ピーナッツ』は、1950年から50年もの間連載され、今なお世界中で愛され続けています。登場するビーグル犬“スヌーピー”の人気も絶大で、アメリカ・カリフォルニア州サンタローザにある「シュルツ美術館」はスヌーピーファンの聖地とされています。

    南町田グランベリーパーク駅からすぐの「スヌーピーミュージアム」は、シュルツ美術館の世界で唯一のサテライト美術館です。


    チャールズ・シュルツ氏が生み出したキャラクターの魅力


    常設展示の「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」には、キャラクターを生み出す貴重な映像も。


    チャールズ・シュルツ氏は、スヌーピーやチャーリーブラウンをはじめとする魅力的なキャラクターを多数生み出し、何十年にもわたってその個性を育てました。私たち読者は、ライナスといえば「ブランケット」、シュローダーといえば「ベートーベン」というように、その個性を理解するとともに、彼らの魅力に惹きつけられています。


    主役はルーシー。“自分らしく生きていい”というメッセージ。


    ルーシーとスヌーピーの後ろに立つと、コミックの世界に入ったかのような写真を撮影することができる。


    今回の企画展の主役はルーシー。ルーシーといえば「精神分析スタンド」を開いてみんなの悩みを独断で解決している様子がすぐに浮かびます。やや我が強くガミガミ屋さんですが、その奥には、仲間を放っておけない優しさもあり、シュローダーにはずっと片思いしています。

    ルーシーの原画やエピソードからは、“もっと自分らしく生きていいんだ”というメッセージが伝わってきます。



    4章:でも、恋する女の子。ルーシーとシュローダーが登場する原画が展示されている。


    自信家でいつも堂々としているルーシーも、シュローダーの前では恋する一人の女の子。繊細で可愛い一面があるところもルーシーというキャラクターの大きな魅力です。


    自分だけのスヌーピーと出会う


    Tシャツや首輪の色を選び、印刷する名前や日付を決め、スヌーピー本体にペレットや綿を入れます。


    自分だけのスヌーピーを完成させるワークショップにも参加しました。 綿の量や詰め方によって、座ったときの姿や表情、抱き心地も変わります。背から優しく綿を詰めているうちに、どんどん愛着が増して、たまらなく可愛い存在に……。


    完成したスヌーピーと、企画展連動のスィーツ


    企画展連動「BLEAH! BLEAH! ルーシー&スヌーピー レモンブリュレ」(PEANUTS Cafe)


    隣接するカフェでは企画展に連動した多様なメニューが提供されています。レモンブリュレは、半分に切ったレモンが器になっていて、パリっとしたキャラメリゼの下に、さわやかな甘さのクリームがたっぷりとつまっていました。とても美味しかったです。

    © Peanuts

    [ 取材・撮影・文:晴香葉子 / 2023年7月15日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)