IM
    レポート
    スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた
    国立西洋美術館 | 東京都
    他の欧州諸国にとっては未知の国だったスペイン、イメージ形成は版画から
    戦争でヒトとモノの往来が本格化。「発見」されたそのエキゾチックな魅力
    リベーラからゴヤ、フォルトゥーニ、ピカソ、ミロ、ダリなどの作品を紹介

    フランスに次いで世界2位というデータがあるほど、世界中の観光客から高い人気を誇るスペイン。ただ、歴史的にみると他のヨーロッパ諸国からは辺境の地とみなされていました。

    スペインのイメージ形成に大きな役割を果たしたのが、大量に流通した版画でした。17世紀初頭から20世紀後半までを対象に、スペインに関わる版画の諸相を紹介する展覧会が、国立西洋美術館で開催中です。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より 国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場入口付近
    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場入口付近


    展覧会の第1章は「黄金世紀への照射:ドン・キホーテとベラスケス」。小説に登場するドン・キホーテ。騎士道に心酔するあまり、正気を失ったような行動を取りました。

    挿絵や絵画におけるドン・キホーテは、初期は不運や滑稽さが強調されていましたが、やがて理想主義的な英雄へと変化していきました。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より (左から)オノレ・ドーミエ《ドン・キホーテとサンチョ・パンサ》1850-52年 市立伊丹ミュージアム / オノレ・ドーミエ《山中のドン・キホーテ》1850年頃 石橋財団 アーティゾン美術館
    (左から)オノレ・ドーミエ《ドン・キホーテとサンチョ・パンサ》1850-52年 市立伊丹ミュージアム / オノレ・ドーミエ《山中のドン・キホーテ》1850年頃 石橋財団 アーティゾン美術館


    18世紀後半のスペインでは、自国の過去の美術に対する関心が高まり、17世紀の宮廷画家、ディエゴ・ベラスケスに光があたります。

    複製版画の制作も盛んになり、若きフランシスコ・デ・ゴヤも、ベラスケスの油彩を模写した版画を出版しています。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より (左から)フランシスコ・デ・ゴヤ《バルタサール・カルロス王太子騎馬像(ベラスケスに基づく)》1778年 国立西洋美術館 / フランシスコ・デ・ゴヤ《イソップ(ベラスケスに基づく)》1778年 国立西洋美術館
    (左から)フランシスコ・デ・ゴヤ《バルタサール・カルロス王太子騎馬像(ベラスケスに基づく)》1778年 国立西洋美術館 / フランシスコ・デ・ゴヤ《イソップ(ベラスケスに基づく)》1778年 国立西洋美術館


    第2章は「スペインの発見」。近くて遠い国だったスペインですが、ナポレオンの侵路とスペイン独立戦争で、ヒトとモノの往来が始まります。ロマン主義の波もあり、スペインの文化風俗に関心が寄せられるようになりました。

    アンダルシアに残るイスラム建築などのエキゾチックな印象は、書籍や図版を通じて欧米に広まっていきました。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より オーウェン・ジョーンズ、ジュール・グーリ『アルハンブラの平面、立面、断面、細部図集』2巻 1842-45年(ロンドン)東京藝術大学附属図書館
    オーウェン・ジョーンズ、ジュール・グーリ『アルハンブラの平面、立面、断面、細部図集』2巻 1842-45年(ロンドン)東京藝術大学附属図書館


    人々の風俗や衣装も注目されました。18世紀の後半には、ひだ飾り付きのスカートをはいた女性「マハ」に、また19世紀後半からはジプシー(ロマ族)の女性が、スペイン女性の典型像として表現されました。

    現在、私たちが「フラメンコ」として知るアンダルシアの民族舞踊が商業的に成立し、オペラ『カルメン』がヒット。エキゾチックなスペインのイメージは、確固たるものになりました。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より (左から)ジュール・ドランシー《たばこ「ジタン」のポスター(フランス専売公社)》1931年 たばこと塩の博物館 / ジュゼップ・モレイ《スペイン》1948年頃 サントリーポスターコレクション(大阪中之島美術館寄託)[展示期間:7/4~8/6]
    (左から)ジュール・ドランシー《たばこ「ジタン」のポスター(フランス専売公社)》1931年 たばこと塩の博物館 / ジュゼップ・モレイ《スペイン》1948年頃 サントリーポスターコレクション(大阪中之島美術館寄託)[展示期間:7/4~8/6]


    スペインの画家、フランシスコ・デ・ゴヤは、最晩年をボルドーで過ごしたこともあり、フランスでも良く知られています。

    銅版画集〈ロス・カプリーチョス〉は、パリで最も注目を集めたゴヤの作品です。フランスの画家、ウジェーヌ・ドラクロワは、ゴヤの銅版画集を模写し、劇的にデフォルメされた身体表現などを吸収しています。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より (右手前)ウジェーヌ・ドラクロワ《ゴヤ〈ロス・カプリーチョス〉に基づく習作》横浜美術館 坂田武雄氏寄贈
    (右手前)ウジェーヌ・ドラクロワ《ゴヤ〈ロス・カプリーチョス〉に基づく習作》横浜美術館 坂田武雄氏寄贈


    第3章は「闘牛、生と死の祭典」。闘牛はスペインで長い伝統を誇り、18世紀後半には、闘牛士と牡牛が対峙する現在のスタイルが定着。民衆の間で広く人気を博しました。

    19世紀以降になると、闘牛はスペインのイメージを捉える上で、不可欠の存在となりました。ロマン主義の時代から今日に至るまで、聞牛から想を得た絵画や版画は数多く制作されています。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より (左から時計回りで)フランシスコ・デ・ゴヤ《〈闘牛技〉11番 英雄エル・シッド、別の牡牛を角で突く》1816年 国立西洋美術館 / フランシスコ・デ・ゴヤ《〈闘牛技〉20番 マドリードの闘牛場でフアニート・アピニャーニが見せた敏捷さと大胆さ》1816年 国立西洋美術館 / フランシスコ・デ・ゴヤ《〈闘牛技〉21番 マドリードの闘牛場の無蓋席で起こった悲劇とトレホーン市長の死》1816年 国立西洋美術館 / フランシスコ・デ・ゴヤ《〈闘牛技〉31番 炎のバンデリーリャ》1816年 国立西洋美術館
    (左から時計回りで)フランシスコ・デ・ゴヤ《〈闘牛技〉11番 英雄エル・シッド、別の牡牛を角で突く》1816年 国立西洋美術館 / フランシスコ・デ・ゴヤ《〈闘牛技〉20番 マドリードの闘牛場でフアニート・アピニャーニが見せた敏捷さと大胆さ》1816年 国立西洋美術館 / フランシスコ・デ・ゴヤ《〈闘牛技〉21番 マドリードの闘牛場の無蓋席で起こった悲劇とトレホーン市長の死》1816年 国立西洋美術館 / フランシスコ・デ・ゴヤ《〈闘牛技〉31番 炎のバンデリーリャ》1816年 国立西洋美術館


    第4章は「19世紀カタルーニャにおける革新」。マリアーノ・フォルトゥーニは、カタルーニャ生まれ。アラブ主題の風俗画や18世紀風の歴史風俗画を描いた油彩は、大きな人気を集めました。

    一方で、フォルトゥーニは版画も制作しています。エッチングによる独創的な世界は、市場の要請から離れ、フォルトゥーニ自身が望んだ表現でもあります。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より (左から)マリアーノ・フォルトゥーニ《友人の遺体を悼むアラブ人》1866年 国立西洋美術館 / マリアーノ・フォルトゥーニ《死せるカビリア人》1867年(1869年) 国立西洋美術館
    (左から)マリアーノ・フォルトゥーニ《友人の遺体を悼むアラブ人》1866年 国立西洋美術館 / マリアーノ・フォルトゥーニ《死せるカビリア人》1867年(1869年) 国立西洋美術館


    バルセロナを都とするカタルーニャ地方には、スペイン国内でいち早く19世紀半ばに産業革命が到来。世紀末には新興ブルジョワジーを中心とした、新たな芸術が花開きました。

    版画の分野でも、印刷技術の発展で廉価な印刷が可能となり、ポスター芸術が流行。パリで学び、ロートレックらの様式を吸収したラモン・カザスらが、多くの優れたポスターを制作しています。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より (右)ラモン・カザス《「アニス・デル・モノ」のポスター》1898年 国立西洋美術館
    (右)ラモン・カザス《「アニス・デル・モノ」のポスター》1898年 国立西洋美術館


    第5章は「ゴヤを超えて:20世紀スペイン美術の水脈を探る」。「エスパーニャ・ネグラ」は、直訳すると「黒きスペイン」。暗鬱で不穏、不吉なスペインの姿を言い表すための語句として用いられてきました。

    植民地を失ったスペインは、近代化の遅れにも直面しますが、逆に自らのアイデンティティを再考する思潮が誕生。非近代的な「黒き」スペインの伝統や歴史は、スペイン的美徳やスペイン的価値の表明として、逆説的に再評価されていきました。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より (左から)エミール・ヴェルハーレン、ダリオ・デ・レゴヨス『エスパーニャ・ネグラ』1924年(マドリード)国立西洋美術館研究資料センター ダリオ・デ・レゴヨス《御者台からの印象》 / ホセ・グティエラス・ソラーナ 『エスパーニャ・ネグラ』1920年(マドリード) 長崎県美術館
    (左から)エミール・ヴェルハーレン、ダリオ・デ・レゴヨス『エスパーニャ・ネグラ』1924年(マドリード)国立西洋美術館研究資料センター ダリオ・デ・レゴヨス《御者台からの印象》 / ホセ・グティエラス・ソラーナ 『エスパーニャ・ネグラ』1920年(マドリード) 長崎県美術館


    1936年7月、スペイン内戦が勃発。血で血を洗う戦争の悲劇に、芸術は即座に反応しました。

    共和国側への支援を目的として、ピカソやミロは政治的信条を前面に出した制作に取り組みましたが、内戦はフランコ将軍率いる反乱軍の勝利で幕を閉じることとなります。


    国立西洋美術館「スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた」会場より 第5章「ゴヤを超えて:20世紀スペイン美術の水脈を探る」展示風景
    第5章「ゴヤを超えて:20世紀スペイン美術の水脈を探る」展示風景


    取材制限の関係で写真はありませんが、最後の6章は「日本とスペイン」。ピカン、ミロ、タピエスなど20世紀スペインの芸術家たちの作品を、日本人がどのように受容してきたのか振り返ります。

    スペインの芸術家ということなら、ちょうど東京国立近代美術館で「ガウディとサグラダ・ファミリア展」も開催中です(9/10まで)。あわせてお楽しみいただいても良いかと思います。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年7月4日 ]

    (右)ギュスターヴ・クールベ《もの思うジプシー女》1869年 国立西洋美術館(松方コレクション)
    会場入口には、メインビジュアルと同じポーズで写真を撮れるフォトスポットも
    会場
    国立西洋美術館
    会期
    2023年7月4日(火)〜9月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:30
    毎週金・土曜日 9:30~20:00
    休館日
    月曜日、7月18日(火)(ただし、7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館)
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2023spain.html
    料金
    一般1,700円、大学生1,300円
    ※高校生以下及び18歳未満、心身に障害のある方及び付添者1名は無料。入館の際に学生証または年齢の確認できるもの、障害者手帳をご提示ください。
    ※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟校の学生・教職員は、本展を学生1,100円、教職員1,500円でご覧いただけます。学生証または教職員証をご提示のうえ、当館券売窓口にてお求めください。
    ※観覧当日に限り本展観覧券で常設展もご覧いただけます。
    ※本展は日時指定予約制ではありません。
    展覧会詳細 スペインのイメージ:版画を通じて写し伝わるすがた 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
    東京都
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと56日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと21日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    開催中[あと15日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと49日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    東北歴史博物館 | 宮城県
    世界遺産 大シルクロード展
    開催中[あと49日]
    2024年4月9日(火)〜6月9日(日)