IM
    レポート
    もつれるものたち
    東京都現代美術館 | 東京都
    美術と社会の関係を問う展覧会
    世界的に注目される12人/組のアーティスト
    カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画

    美術と社会の関係が問われる事が増えた現在、注目すべき展覧会が東京都現代美術館で開催されています。

    展覧会は、東京都現代美術館とカディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画。カディスト・アート・ファウンデーションは現代の重要な問題を提起し、進歩的な社会の創造に貢献するという信条を掲げており、東京都現代美術館とは2016年から連携しています。

    今回は、いろいろな事象と結びつく「もの」をテーマにした展覧会。世界的に注目される12人/組のアーティストが紹介されます。



    会場


    冒頭には、モザイク壁画が入った木の箱が積み上げられた作品から。オーストラリア出身のトム・ニコルソン(1973-)は、植民地主義的歴史を題材に、ドローイング、映像、インスタレーション、アクションなど幅広いメディアで表現しています。

    展示されている《相対的なモニュメント(シェラル)》は、第一次世界大戦中にガザ近郊で戦っていたオーストラリア兵が発見し、兵士たちによって持ち帰られた「シェラル・モザイク」から着想。新たな「シェラル・モザイク」をガザに返還する展望を描いています。



    トム・ニコルソン


    ピオ・アバド(1983-)はフィリピン出身。その作品で政治的不正を批判し、不正に異を唱える人々への連帯を示します。

    《ジェーン・ライアンとウィリアム・サンダースのコレクション》は、マルコス政権がテーマ。マルコスとその妻イメルダが所有し、後にフィリピン政府に差し押さえられた絵画をポストカードにしました。作品タイトルは、夫妻がスイス銀行の口座名に使っていた偽名。鑑賞者がポストカードを持ち帰ることは、人々への返還を象徴しています。



    ピオ・アバド 


    磯辺行久(1935-)は東京出身。ペンシルバニア大学で地質学、生態学、文化人類学などを学んだ経験もあり、図形や統計記号などを表現に組み込んでいます。

    地図を発展させたような作品には、独自の視点が加えられ、気候変動や土壌汚染などの問題を提示。自然と文明の対立には異を唱え、自然と人間活動の長期的な共存に目を向けていきます。



    磯辺行久


    デイル・ハーディング(1982-)は、オーストラリア出身。中央クイーンズランドのビジャラ、グンガル、ガリンバルの子孫で、ドクメンタ14や今年のリヨン・ビエンナーレでも取り上げられた注目の作家です。

    《正しい判断で知りなさい》シリーズの本作は、祖母から受け継いだ木彫のウーメラ(投槍器)と、彼の叔父が執筆した書籍「ティム・ケンプ氏のオーラルヒストリー」の写本を展示。壁面にあるウーメラのコンポジションは、先人から受け継いだ技法で、赤黄土を吹き付けて転写しています。



    デイル・ハーディング


    最後は、東京出身の藤井光(1976-)による《解剖学教室》。映像の前に、民具や化石などの展示物が並びます。

    これらの展示物は、福島県双葉町の双葉町歴史民俗資料館にあったものですが、同館は福島原発事故の後に指定された帰還困難区域にあるため、資料は館外に運びだされて保管中されています。

    土地の歴史を示す資料を前に、災害がもたらす文化と記憶の危機を考察します。



    藤井光


    日本で初めて紹介されるアーティストも多数出展している本展。新型コロナの影響もあって「さまざまな国から注目のアーティストの作品が…」といった類の展覧会は、しばらく開催が難しくなる可能性もあります。現代アートファンの方は、お見逃しなく。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年6月10日 ]

    ミックスライス
    ジュマナ・マナ
    岩間朝子
    ザ・プロペラ・グループ & スーパーフレックス
    会場
    東京都現代美術館 企画展示室 1F
    会期
    2020年6月9日(火)〜9月27日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
    休館日
    月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
    住所
    〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.mot-art-museum.jp/
    料金
    一般 1,300円/ 大学生・専門学校生・65 歳以上 900円/ 中高生 500円/ 小学生以下無料
    展覧会詳細 もつれるものたち 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【古代オリエント博物館】受付・ミュージアムショップ スタッフ募集! [公益財団法人 古代オリエント博物館]
    東京都
    つくばエキスポセンタースタッフ募集 [つくばエキスポセンター]
    茨城県
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    本日終了
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと111日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと7日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    4
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    超・日本刀入門 revive
    開催まであと6日
    2024年6月22日(土)〜8月25日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと42日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)