IM
    レポート
    どうぶつかいぎ展
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    名作絵本『動物会議』をテーマに、8人のアーティストがリレーで作品展示
    戦争を止めない愚かな人間を痛烈に批判、絵本のメッセージも引き継いで
    挿絵画家ヴァルター・トリアーによるカナダからきた美しい複製原画も紹介

    ドイツの詩人・作家のエーリヒ・ケストナー(1899-1974)による名作絵本『動物会議』。戦争を止めようとしない愚かな人間を痛烈に批判する物語で、1949年の出版から半世紀以上過ぎたいまでも、世代を越えて読み継がれています。

    その『動物会議』をテーマに、8人のアーティストが集結。それぞれの作品で物語をつないでいく、ユニークな展覧会が、PLAY! MUSEUMで開催中です。



    PLAY! MUSEUM「どうぶつかいぎ展」会場入口


    会場に入ると、早速アーティストの作品が登場します。ケストナーの物語を8つの場面に分けて、8人それぞれが再解釈を加えて絵や立体、映像で作品を作りました。

    第1幕「まったく、人間どもったら!」は、梅津恭子(ぬいぐるみ作家)。ゾウ、ライオン、キリンがコーヒーを飲みながら円卓を囲んでいます。人間がいつまでも戦争をやめないので、怒っているのです。



    第1幕「まったく、人間どもったら!」梅津恭子(ぬいぐるみ作家)


    第2幕「動物ビルで会議があるぞ!」は、秦直也(イラストレーター)。すべての動物が集まって、4週間後に会議をすることになりました。

    動物をモチーフにしたイラストを得意とする秦さん。細やかなタッチで描かれたさまざまな動物が壁に並びます。



    第2幕「動物ビルで会議があるぞ!」秦直也(イラストレーター)


    第3幕「世界をきちんとしてみせるよ!」は、村田朋泰(アニメーション作家)。世界各地から出発した動物たち。陸を、海を、空を、たくさんの動物が移動します。

    村田さんの作品は、コマ撮りのアニメーション映像と、氷山に乗って海面を移動する、絵本の一場面を再現した大型装置。アニメーション作品はVRゴーグルを使って楽しむこともできます。



    第3幕「世界をきちんとしてみせるよ!」村田朋泰(アニメーション作家)


    第4幕「世界一へんてこな動物ビル」は、植田楽(造形作家)。動物会議が開かれるのは、黄色い動物ビル。めずらしい動物が次々に到着し、人間たちは驚きます。

    ビルの中には動物がいっぱい。植田さんは、おもに紙とセロハンテープを使って制作しています。



    第4幕「世界一へんてこな動物ビル」植田楽(造形作家)


    円形のゾーンに進んで、第5幕「子どもたちのために!」は菱川勢一(映像作家)。床や空中に毛皮を纏った丸い物体があり、動いたり音がしたりと、騒々しい雰囲気。薄暗く、ちょっと不気味な空間です。

    動物ビルの大会議場で、最初で最後の動物会議。動物たちの鳴き声があちこちから飛び交い、議場はどんどん盛り上がっていきます。



    第5幕「子どもたちのために!」菱川勢一(映像作家)


    第6幕「連中もなかなかやるもんだ」は、鴻池朋子(現代美術家)。動物たちは二度と戦争がおきないことを要求しますが、人間たちは拒否。ただ、子どもたちのためにも、あきらめるわけにはいきません。

    さまざまなメディアで作品を発表している鴻池さん。ここでも、動物の皮革を支持体にして動物を描いたり、影絵を使ったりしています。



    第6幕「連中もなかなかやるもんだ」鴻池朋子(現代美術家)


    第7幕「人類がふるえあがった日」は、junaida(画家)。一夜明けると、地上から子どもたちが消えてしまいます。動物たちの最後の手段に驚いた人間は、ついに永久平和を約束しました。もちろん、子どもたちは無事です。

    junaidaさんは画家として作品を発表する一方、絵本作家としても活躍。「NO WAR」「FOR PEACE」など、動物と大人たちがとりかわした5つの約束が記された5種の作品が並びます。



    第7幕「人類がふるえあがった日」junaida(画家)。


    そしてエピローグの「動物会議はつづく」は、ヨシタケシンスケ(絵本作家)。絵本のデビュー作『りんごかもしれない』が大反響をよび、今春から巡回展も開催される人気絵本作家です。

    ヨシタケさんは、絵本『動物会議』の話を書いたエーリヒ・ケストナーと、絵を描いたヴァルター・トリアー(1890-1951)について紹介。

    ふたりとも第二次世界大戦では苦労をし、その経験も踏まえて『動物会議』は生まれました。



    エピローグ「動物会議はつづく」ヨシタケシンスケ(絵本作家)


    ミュージアムショップでは、ヴァルター・トリアーの絵をあしらったグッズのほか、展覧会参加作家のグッズも多数用意。

    梅津さんによるシロクマのぬいぐるみや、展覧会で展示されている植田楽さんの作品、秦直也さんの作品の複製画なども販売されます。



    ミュージアムショップ


    展覧会に関連して、施設3階のPLAY! PARKでは会議も開催されます。

    PLAY! PARKをもっと楽しい場所にするために、遊びのための会議を開く、という楽しそうな企画。詳しくは公式サイトでご確認ください。

    (左から)草刈大介(PLAY! プロデューサー)、梅津恭子(ぬいぐるみ作家)、秦直也(イラストレーター)、植田楽(造形作家)、junaida(画家)、ヨシタケシンスケ(絵本作家)、菱川勢一(映像作家)、手塚貴晴(手塚建築研究所)
    挿絵画家ヴァルター・トリアーによる複製原画
    会場
    PLAY! MUSEUM
    会期
    2022年2月5日(土)〜4月10日(日)
    会期終了
    開館時間
    展覧会のごとに異なる。
    詳細は公式HPをご確認ください。
    休館日
    2月27日(日)
    住所
    東京都立川市緑町3−1 GREEN SPRINGS内 W3棟 2F
    電話 042-518-9625
    公式サイト https://play2020.jp/
    展覧会詳細 どうぶつかいぎ展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
    東京都
    【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
    東京都
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと38日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと38日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと10日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)