IM
    レポート
    特別展「海 ―生命のみなもと―」
    国立科学博物館 | 東京都
    水の惑星・地球の象徴で、地球上のあらゆる生命のみなもとである海に着目
    多様な生態系を育ててきた海。そして、そのめぐみを享受し繁栄した私たち
    人間活動に伴う環境への影響は海まで。今後の海との関わりについても考察

    地球上のあらゆる生命のみなもとである「海」。様々な物質とエネルギーを運び、生態系を育成する海から、私たちはめぐみを享受し、繁栄してきました。

    海の誕生から現在までを俯瞰し、多様な生物や人と海の関わりを紹介。さらに、今後の人類と海との関わりについて、あるべき姿を考えていく展覧会が、国立科学博物館で開催中です。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場
    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場


    第1章は「海と生命のはじまり」。海の展覧会ですが、冒頭は意外にも小惑星リュウグウからスタートします。「はやぶさ2」が持ち帰ったサンプルに含まれる鉱物の多くは、水の存在下で形成されていました。

    太陽系の初期に存在していた微惑星が内包していた水が、惑星形成後に吐き出され、大気の水蒸気となり、やがて海になったことを想像させます。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場より 第1章「海と生命のはじまり」[リュウグウのサンプルからわかってきたこと]
    第1章「海と生命のはじまり」[リュウグウのサンプルからわかってきたこと]


    先カンブリア時代の終わりごろになると、海には大型の多細胞生物が現れてました。なかでも動物のなかまは、海の中で著しく多様化しました。

    私たちヒトを含む四肢動物は、デボン紀に肉鰭(にくき)類から進化しました。4本のあしは、祖先がもっていた肉質の鰭(ひれ)から進化したものです。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場より 第1章「海と生命のはじまり」[水中で起こった私たちの祖先の進化]
    第1章「海と生命のはじまり」[水中で起こった私たちの祖先の進化]


    第2章は「海と生き物のつながり」。四方を海に囲まれた日本の周辺には、世界最大規模の海流である南からの「黒潮」と、北からの「親潮」が流れ、さまざまな生態系が広がっています。

    ほぼ同じ緯度と海岸線をもつ北米の西海岸や欧州の地中海と比べると、日本周辺の海では、生息する生物の種数が多いことが知られています。

    「黒潮」の流域では、チョウチョウウオやベラなど、カラフルな種が多く生息しています。種類は多いものの、各種の個体数は少ないのが特徴です。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場より 第2章「海と生き物のつながり」[黒潮の生態系 魚類]
    第2章「海と生き物のつながり」[黒潮の生態系 魚類]


    一方、寒流の「親潮」には栄養塩や溶存酸素が多く含まれ、植物プランクトンや海藻類を育みます。

    北方の魚類は種数は少なく、色彩や外形には多様性が見られませんが、各種の個体数が爆発的に多くなります。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場より 第2章「海と生き物のつながり」[親潮の生態系 魚類]
    第2章「海と生き物のつながり」[親潮の生態系 魚類]


    第3章は「海からのめぐみ」。私たちの祖先は数十万年前から海の貝を食べ、ホモ・サピエンスが世界中に広がると、各地で漁猟が行われるようになりました。

    沖縄・サキタリ洞遺跡から見つかった貝製の釣り針は、約2万3000年前のもの。これは世界最古の釣り針です。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場より 第3章「海からのめぐみ」 赤いシートの中央が、世界最古の釣り針
    第3章「海からのめぐみ」 赤いシートの中央が、世界最古の釣り針


    深海の調査は、古くはロープの先に網や筒を取り付けて海底まで下ろし、採取したものを調べていました。

    海難救助、海中工事、科学調査などの目的で開発されたのが、無人探査機です。ケーブルで母線から電気を送り、映像を見ながら操作できます。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場より 第3章「海からのめぐみ」[無人探査機 ハイパードルフィン](所蔵:海洋研究開発機構)
    第3章「海からのめぐみ」[無人探査機 ハイパードルフィン](所蔵:海洋研究開発機構)


    第4章は「海との共存、そして未来へ」。人類は海から多くのめぐみを享受して来ましたが、近年では私たち自身の活動による環境の変化が、海にも現れています。

    ヨコヅナイワシは2016年に駿河湾最深部で採集された、セキトリイワシ科最大の魚類です。駿河湾最深部の生態系の頂点にたつ存在ですが、これまでに採集されているのは、わずか7個体だけです。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場より 第4章「海との共存、そして未来へ」[ヨコヅナイワシ](所蔵:海洋研究開発機構)
    第4章「海との共存、そして未来へ」[ヨコヅナイワシ](所蔵:海洋研究開発機構)


    海洋ゴミの影響は、鯨類にも深刻な被害をもたらしています。

    鯨類はウシなどの反芻類と同様に胃が複数の部屋に分かれており、一度取り込まれた海洋ゴミが排出されにくいのです。


    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場より 第4章「海との共存、そして未来へ」[クジラの胃内容物](所蔵:国立科学博物館)
    第4章「海との共存、そして未来へ」[クジラの胃内容物](所蔵:国立科学博物館)


    慣用的に「海の藻屑になる」と表現するように、海は何でも受け入れる無尽蔵の存在のように思えますが、決してそうではありません。

    健全な海を守るためには、私たちの意識の変化が求められています。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年7月14日 ]

    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場入口
    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場
    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場
    国立科学博物館 特別展「海 ―生命のみなもと―」会場
    会場
    国立科学博物館
    会期
    2023年7月15日(土)〜10月9日(月・祝)
    会期終了
    開館時間
    9時~17時(入場は16時30分まで)
    休館日
    9月4日(月)・11日(月)・19日(火)・25日(月)
    住所
    〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://umiten2023.jp
    料金
    一般・大学生 2,000 円
    小・中・高校生 600 円
    展覧会詳細 特別展「海 ―生命のみなもと―」 詳細情報
    このレポートに関連する特集
    東京近郊では、体験型の施設やアートを身近に楽しめる展覧会が盛りだくさん。「海 ―生命のみなもと―」や「エルマーのぼうけん展」、「魔法の美術館」など、夏休み期間に子どもも大人も楽しめる展覧会10選をご紹介。
    東京国立博物館「特別展 古代メキシコ」はメキシコを代表する3つの文明に着目。「光」をテーマにした作品が国立新美術館に来日する「テート美術館展」。東京国立近代美術館では「ガウディとサグラダ・ファミリア展」。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    高知県立坂本龍馬記念館 学芸員募集中! [高知県立坂本龍馬記念館]
    高知県
    展覧会ランキング
    1
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと29日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと57日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと64日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    佐川美術館 | 滋賀県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催中[あと57日]
    2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「中尊寺金色堂」
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年1月23日(火)〜4月14日(日)