IM
    レポート
    世界遺産 大シルクロード展
    東京富士美術館 | 東京都
    東洋と西洋を結ぶシルクロード。世界遺産に認定後、中国国外初の大規模展
    金銀宝飾品、青銅器、ガラス、陶磁器、壁画、絵画、染織など展示物は多彩
    中国27カ所の主要博物館、研究機関が協力。一級文物45点を含む数々の名宝

    ユーラシア大陸を横断し、東洋と西洋を結んだ大交易路、シルクロード。19世紀後半から研究が進み、2014年に「シルクロード: 長安– 天山回廊の交易路網」として世界遺産に認定されました。

    世界遺産認定後では初めてとなる、中国国外での大規模なシルクロード展が、東京富士美術館から開催。一級文物45点を含むシルクロードの名宝が並びます。


    東京富士美術館入口より
    東京富士美術館入口より


    展覧会は第1章「民族往来の舞台 ~胡人の活動とオアシスの遺宝~」から。「胡」(胡人)は、北方や西方の騎馬遊牧民のことです。

    入口近くの展示ケースには、豪華な2点が鎮座しています。《瑪瑙象嵌杯》は、格子目の中央に象嵌された赤色の瑪瑙、持ち手は虎の造形です。隣の《瑪瑙象嵌壼》も同じ古墓から出土しており、同様に持ち手がある杯だった可能性があります。


    東京富士美術館「世界遺産 大シルクロード展」会場より (左から)一級文物《瑪瑙象嵌杯》5-7世紀 イリ州博物館 / 一級文物《瑪瑙象嵌壼》5-7世紀 イリ州博物館
    (左から)一級文物《瑪瑙象嵌杯》5-7世紀 イリ州博物館 / 一級文物《瑪瑙象嵌壼》5-7世紀 イリ州博物館


    マニ教の僧侶に宛てた手紙には、二人の楽人の姿があり、それぞれ縦笛と笙を奏でています。左から右に縦書きで記されているのはソグド文字で、ソグド語はシルクロードの国際共通語でした。


    東京富士美術館「世界遺産 大シルクロード展」会場より 《マニ教ソクド語の手紙》11世紀初め トルファン博物館
    《マニ教ソクド語の手紙》11世紀初め トルファン博物館


    《唐花文錦鞋》は、つま先が反り返って雲形になっている、華やかな女性用の靴です。つま先が高いのは、長いスカートの裾を引っ掛けて靴先を見せるための意匠です。

    そっくりのデザインのものが、光明皇后ゆかりの品として正倉院にも伝わっています。


    東京富士美術館「世界遺産 大シルクロード展」会場より 一級文物《唐花文錦鞋》唐・8世紀 新疆ウイグル自治区博物館
    一級文物《唐花文錦鞋》唐・8世紀 新疆ウイグル自治区博物館


    《車馬儀仗隊》は、漢代の墓から出土した銅製の車馬隊です。首を傾けて前足をあげた馬は、今にも駆けだしそうな迫力。墓の主人や夫人の車を、騎馬隊が囲んでいました。


    東京富士美術館「世界遺産 大シルクロード展」会場より 《車馬儀仗隊》後漢・1-3世紀 甘粛省博物館
    《車馬儀仗隊》後漢・1-3世紀 甘粛省博物館


    豪華な《六花形脚付杯》は、真上から見た形が六花形になっている、脚付きの杯です。外側の面には貴族が馬に乗って狩猟に出かける場面が、線刻で表されています。

    脚付きの器形はシルクロードを通って伝わったもので、中国風の狩猟図との調和が見られます。


    東京富士美術館「世界遺産 大シルクロード展」会場より 一級文物《六花形脚付杯》唐・8世紀 山西博物院
    一級文物《六花形脚付杯》唐・8世紀 山西博物院


    顔をわずかに左に傾け、右手を膝の上に伏せて蓮華座上に座るのは《菩薩座像》です。腰を極端に絞り込んだプロポーションが印象的で、写実と理想が融合した表現です。


    東京富士美術館「世界遺産 大シルクロード展」会場より 一級文物《菩薩座像》唐・7-8世紀 龍門石窟研究院
    一級文物《菩薩座像》唐・7-8世紀 龍門石窟研究院


    4つの面すべてに彫刻がある《四面造像碑》。正面は釈迦が愛馬と別れる「愛馬別離図」で、他の面も仏教説話などが表現されています。内容は詳細、かつ彫刻も優れています。


    東京富士美術館「世界遺産 大シルクロード展」会場より 《四面造像碑》東魏・6世紀 洛陽博物館
    《四面造像碑》東魏・6世紀 洛陽博物館


    展覧会には洛陽、西安、蘭州、敦煌、新疆地域など中国27カ所の主要博物館、研究機関が協力。日本初公開の文物を含むシルクロード文化の精華が揃いました。

    東京富士美術館を皮切りに、展覧会は全国を巡回します。会場と会期はこちらです

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年9月15日 ]

    (右手前)一級文物《男子跪坐像》前5~3世紀 新疆ウイグル自治区博物館
    一級文物《鳳首杯》唐・8世紀 陝西歴史博物館
    《女子俑》唐・8世紀 陝西歴史博物館
    《駱駝》唐・8世紀 洛陽博物館
    会場
    東京富士美術館
    会期
    2023年9月16日(土)〜12月10日(日)
    開催中[あと72日]
    開館時間
    10:00~17:00(受付は30分前まで)
    休館日
    月曜(9/18と10/9は開館)、9/19(火)、10/10(火)
    住所
    〒192-0016 東京都八王子市谷野町492-1
    電話 042-691-4511
    公式サイト https://www.fujibi.or.jp/
    料金
    大人: 1500円(1200円)
    大学・高校生: 900 円(800 円)  
    中学・小学生: 500 円(400 円)
    ※未就学児無料、( )内は前売及び団体料金、各種割引
    展覧会詳細 世界遺産 大シルクロード展 詳細情報
    このレポートに関連する特集
    印象派の巨匠・クロード・モネの作品60点以上が並ぶ展覧会や、モードの帝王・イヴ・サンローランの大回顧展、横尾忠則の最大のシリーズとなる102作品が展示される展覧会など。2023年秋に首都圏で開催される、おすすめの展覧会を厳選してご紹介。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    水木しげる記念館 学芸員募集中! [水木しげる記念館]
    鳥取県
    事業団運営業務兼、はつかいち美術ギャラリー 事業企画職員 募集! [廿日市市芸術文化振興事業団]
    広島県
    高知県立坂本龍馬記念館  学芸員(歴史担当)募集中! [高知県立坂本龍馬記念館]
    高知県
    やなせたかし記念館の学芸員を募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    2024年4月1日採用 京都芸術センター アートコーディネーターの募集(採用試験案内) [京都芸術センター]
    京都府
    展覧会ランキング
    1
    上野の森美術館 | 東京都
    モネ 連作の情景
    開催まであと21日
    2023年10月20日(金)〜2024年1月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    永遠の都ローマ展
    開催中[あと72日]
    2023年9月16日(土)〜12月10日(日)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    デイヴィッド・ホックニー展
    開催中[あと37日]
    2023年7月15日(土)〜11月5日(日)
    4
    国立西洋美術館 | 東京都
    パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックから ドローネー、シャガールへ
    開催まであと4日
    2023年10月3日(火)〜2024年1月28日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    企画展示「エルマーのぼうけん」展
    もうすぐ終了[あと2日]
    2023年7月15日(土)〜10月1日(日)